ライヴ・コンサート

真園 ありす with Kiichi Futamura Trio

今日は中目黒の「楽屋(らくや)」にて催されました「真園 ありす with Kiichi Futamura Trio」を聴きに行ってきました。

Trioの演奏が各ステージ2曲、そしてヴォーカルが加わった演奏を堪能しました。

Jazzのスタンダードはもちろん、J-Popも何曲か取り込まれたステージ。
J-PopもJazzバンドの演奏、アレンジでとってもオシャレな曲になるから不思議です。

それにしても。
Jazzに限った話ではないかもしれませんが、Liveって本当にいいもんですね。
とてもよい時間を過ごすことができました♪

Kiichi Futamura Trio Live @ SOMEDAY

今日は二村 希一さん率いる‘Kiichi Futamura Trio’のライヴを聴きに、新宿のSOMEDAYに行って来ました。

2ステージを通して、Trio Jazzを堪能しました。
2ndステージではヴォーカリストの突然の参加もあって、得しちゃいました。

暗黙の了解と阿吽の呼吸。
その下地の中で繰り広げられる互いの自由。
絶妙の緊張感と信頼感によって創られる見事な調和。

Jazzってほんと、すごい音楽ですね。

たぶん、これこそ一期一会のプレイ。
同じTrioで同じ曲でも、きっと次には違うプレイになるんでしょうね。

なかなか平日に組まれることがないライヴですが、4月、5月と運良く平日水曜日に開催予定。
また聴きに行きます♪


CDもお薦めです♪

クリスマスチャリティーコンサート @ カテドラル教会

今日は、カテドラル教会にて行われたコンサートを聴いてきました。

ソプラノ、バリトンの声楽とオルガニストによるパイプオルガン、そしてピアノの編成で繰り広げられるクリスマスソングを楽しむひととき。

その凄さは伝え聞くことが多かったカテドラル教会。
でもキリスト教の信者でもないので、そうそう訪れる機会もあるはずもなかったところに、お客様の縁でこのコンサートに行くこととなりました。

内側から見ても一点に向かって四方から上に伸びる十字の構造。
コンクリートの打ちっぱなしの壁面。

それだけに声楽の方の声が実に響き豊かで、まさに荘厳の響き。
音が天から降ってくる感覚は目を閉じていると天啓のごとく身を包みました。

「寒いかも」の情報を頂いていたので防寒の備えをしていて正解でした。

どのような宗派でも、きっと根源は同じ「他人を思いやる(=愛を与え合う)心」を神と呼ぶんだろうなぁ~、などと神父さんのお話を拝聴しながら思いました。
その素晴らしい意志を擬似的に体感する方法として、音楽が果たす役割も大きいのでしょう。パイプオルガンの残響も含めた響きは、どことなく雅楽器の広がりに似た感じを感じたのは私だけでしょうか?

ただひとつの大事なことに気付くきっかけとして、クリスマスが果たす役割は大切かもしれません。

いろんな意味で実り多い時間でした。

091216001
プロフィール

du__ub

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ