My Boom

オカリーナ

齢四十を過ぎて新しいことにチャレンジできる機会を得るのは嬉しいことです。

新たに始めるのは「オカリーナ」。

110420001

正直に言うと、「簡単だろう♪」と軽ぅ~く考えていました。
2時間もあれば1曲吹くぐらいになれるだろう♪ と。

ところがところが。
このオカリーナなるもの。
吹く息の強さで音程がぶれてしまう!
シャープの付いた音の運指が慣れないと混乱する!
運指が簡単そうで、曲の流れでやると慣れないと大変!
そして音符の長さやリズムが正確に吹くと結構大変!

やぁ~、音楽ってどんな楽器でもちゃんと演奏するって大変なことなんだと、改めて突き付けられました!
それにしても、楽器を演奏するって、脳の違う領域が活発になるんですね!

やぁ~、楽しい♪
チャレンジし甲斐のある楽器です♪

マジック

子どもの頃、デパート(なんて規模の大きさではなかったんですが)で売っていた「マジックキット」を買ってもらって、しばらくは良くやったものです。

そのマジック。

私たちのお店でも実際にイベントをして下さった方に、今日、個人レッスンをしていただきました。

普段からも打ち合わせの折や、ボランティアでなさる時に拝見に伺った際など、気前良く教えてくださるのですが、今日もデモンストレーションを交えながら、丁寧に教えてくださいました。

今日はカードマジックとロープを使ったマジックをいくつか。
クローズアップマジックだと、カウンター越しにお客様にお見せできますしね♪

それにしてもカードマジック、ロープマジックは面白いですよ♪

マジックの魅力。
それは‘人を騙す’ことではなく、‘ちょっとした驚きで人を楽しませる’ことができること。
似たような言葉ですが、言葉の立ち位置で、その結果は大きく変わると私は思います。

マジックは、基本が同じでも見せ方によって違ったもののようになります。
だから、「楽しませよう」とするマジックと「人を騙そう」とするマジックも、同じ手順でも、見せられた方には違った印象を心に残すことになるでしょう。

それにしても。
マジックは「丁寧さ」が一番大切な要素のようです。
そのためには、とにかく練習以外ない!

結局、全て同じなんですね。

bicycle

今日から、お店までの通勤を地下鉄から自転車に切り替えました。

お店までは南北線をメインに乗り換えも使っていたのですが・・・。
終電時間近くでは南北線の本数も減るし、日の状況によっては終電時間に何とか間に合うという時もあったり。
特に土日に丸ノ内線の終電が1本減るのがいたい!

さらには。
実は地下鉄を使うよりも、徒歩や自転車の方が最短距離で行ける位置関係にあることもあって、思い切って自転車通勤に切り替えました。

自分の体力を使うので、運動不足の身体では慣れるまでが大変だとは思うのですが、外の景色が変わりゆくのを楽しめるのは魅力のひとつです。

雨対策や暑い時の汗対策など、まだまだ準備しなければならないものがありますが、ひとまずは自転車生活、開始です♪

Tap

突然ですが、実は私の今年のキーワードは「音楽」です。
カフェでのイベントも「音楽」に関するイベントを考え中です。

閑話休題。

ふとしたご縁でタップスクールの講師の方と知り合いまして。
そう、あの足裏でタカタカタカッて音を鳴らすあのタップです。
本日、体験教室として参加してきました。

元々身体を動かすのは好きだし、音楽もダンスチューンが好きだし、楽器はできないけどやれるものならやってみたいと思っていたし。
という私にとってタップは理想的なコラボレーションなわけです。

さらに言えば、指や腕に負荷を掛ける要素が無いのも、今の仕事をやる意味においては重要な要素なのです。

ということで、体験してきたわけですが、まぁ?「基礎コース」といえど侮り難し!
簡単に見えるステップも、実際にやるとなるとなかなか思い通りに動かないものです。
元々リフティングなど足を使った動作の器用さを持ち合わせてはいないのでさもありなん、なのですがなかなか・・・。
やっ、久しぶりに挑戦し甲斐のあるモノに出会いました♪

スロトレ

「スロトレ」
スローな動きで筋肉に加圧式トレーニングのような緊張状態を与えることで、エネルギー代謝に大きく寄与しやすい筋肉を鍛えるというトレーニング方法。

このスロトレは、私たちのカフェのお客様から教えていただきました。
ヨメさんがいち早く興味を示し、我が家でも本を購入することに。

そして遅れること、私も早速実践してみました。
ウォームアップ動作も含めて5つの動作、そしてそれぞれ5?10回(回数は自分のできる範囲で設定可能)、全部通しても10分ほどで完了。
それを週2?3回ほどやっていきましょう、というものです。

体質改造は、「継続」こそがもっとも重要。
継続するためには、簡単でそれで続けやすいことが大切。
続けやすい、というのは人それぞれ性格などもあるので定義し辛いでしょうが、経済的にも時間的にも負担が少ないというのも一因かと思います。

で、実際にやってみると、大腰筋や大腿四頭筋などが確かに鍛えられているのを実感できます。

これはしばしやってみようと思います。

プロフィール

du__ub

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ