レシピ

スタンポット

こちらも「自転車のあるアムステルダムの日常」で用意いたしましたメニューです。

‘Stamppot’の‘stamp’は「つぶす」の意味。
本場オランダでは燻製したソーセージに乗せて一緒に食べます。

また一般的にはキャベツやニンジンなどの野菜と一緒にゆでたり、シュールコウ(オランダ版ザワークラウト)を入れてつぶすようですが、以前オランダにフォーカスした番組で観たゴーダチーズを加えるバージョンを今回は作ってみました。

---------------------------------------------------------------------
【材 料】
・ジャガイモ 適量
・ゴーダチーズ 適量
・牛乳 適量
・塩 胡椒 適量

【作り方】
①ジャガイモは皮、芽を取り、まるのまま鍋に入れます。
② ①の鍋にヒタヒタになるまで水を入れ、塩を少し入れて火に掛け、水が無くなるまで茹でます。
③ ②が茹で上がったら、火を止め、牛乳を少し加えてマッシャーでジャガイモをつぶします。
④ ③のジャガイモにゴーダチーズ、塩、胡椒を味をみながら、好みの味、硬さに調えます。
---------------------------------------------------------------------

110209001

とにかく、シンプルで簡単な料理です。
カリカリベーコンを加えたり、パセリを加えたりとそれぞれにバリエーションを楽しめる料理だと思います。

ムール貝のワイン蒸し

私たちのお店で開催したトークイベント「自転車のあるアムステルダムの日常」で作った料理のひとつがこの「ムール貝のワイン蒸し」。

ブリュッセルで食されるムール貝のほとんどがオランダ産であるように、実はオランダこそがムール貝の本場だったりします。

オランダ料理はとにかくシンプルなのが特徴。
それではレシピのご紹介です。

---------------------------------------------------------------------
【材 料】
・ムール貝 1Kg
・白ワイン 100cc
・水 200cc
・オリーブオイル 適量
・ローリエ 1枚
・タマネギ 1/2個
・ブーケガルニ 1袋
・ドライニンニクスライス 適量

【作り方】
①ムール貝の付着物や殻の透き間から出ているケバケバを取り除き、キレイにしておきます。
 タマネギは薄くスライスしておきます。
②鍋にオリーブオイルを入れて、タマネギ・ドライニンニク・ブーケガルニ・ローリエを入れて、中火で焦がさないように炒めます。
③ ②のタマネギがしんなりしてきたら、①のムール貝を入れて、白ワイン、水を注ぎいれてフタをします。
④フタをして強火で2~3分ほど蒸すと貝が開いてきます。
 貝が開いて、ほどよい頃合いで火を止めます。
---------------------------------------------------------------------
110209002

火を通しすぎると身が硬くなり、ジューシーさが失われます。

和菓子「松葉」

1月の箏と尺八の演奏会の時の付け菓子として作った和菓子です。

大豆粉と水飴で作る「州浜(すはま)」というお菓子があるのですが、それからヒントを得て作りました。

---------------------------------------------------------------------
【材 料】
・抹茶 40g
・上白糖 120g
・上新粉 適量
・水飴 15g
・お湯 25cc

【創り方】
①水飴をお湯で溶かし、冷ましておきます。
②抹茶と上白糖をふるい、①の溶いた水飴を少しずつ加えながら混ぜあわせます。
③ ②に上新粉を少しずつ加えながらよく混ぜ、好みの固さになるまで上新粉を加えます。
④打ち粉に上新粉を使って③の生地を板状に形を調えて冷蔵庫で休ませます。
⑤ ④の生地を包丁で少し端を残して切れ目を入れては短冊状に切り、を繰り返します。
  切れ目で分かれた2つの棒状を重ね合わせて、松葉のようにします。
---------------------------------------------------------------------

110202001

お団子状にしてもいいかもしれませんね。

ジンジャーブレッドマン

クリスマス用のお菓子はいろいろとありますが、この「ジンジャーブレッドマン」もそのひとつ。
人のかたちに抜いて焼くのが特徴です。
「ジンジャー」の名のとおり、生姜を生地に加えます。

---------------------------------------------------------------------
【材 料】
無塩バター(室温) 200g
砂糖 80g
メイプルシロップ 60cc
卵 大1
すりおろししょうが 大1
薄力粉 300g
BP 小1/2

【作り方】
① ボウルにやわらかくなっているバターに砂糖を混ぜ合わせます。
② ①にメイプルシロップを加えすり混ぜ、さらに卵も入れてよくすり混ぜます。
③ ②におろししょうがを加えてよく混ぜます。
④ 薄力粉・ベーキングパウダーはよくふるっておき、これを③のボウルに入れてよく混ぜ、まとめます。
  まとめたら冷蔵庫でしばらく冷やしておきます。
⑤ 型で抜き、180℃に予熱してあるオーヴンで13分ほど焼きます。
---------------------------------------------------------------------
101202003

アイシングでデコレーションしても楽しいお菓子です。
ジンジャーは粉末ではなく、生が香りも味も美味しくできます。
お好みで、シナモンパウダーやアニスパウダーを加えても良いですよ。

羊肩肉のナヴァラン

ボージョレ・ヌーヴォのパーティー用に作った肉料理、「羊肩肉のナヴァラン」です。
白ワインを使って煮込むためか、出来上がりの肩肉はとっても柔らかです。

---------------------------------------------------------------------
【材 料】
・羊肩肉 600g
・オリーヴオイル 適量
・薄力粉 大さじ1
・トマトピューレ 25g
・にんにく ひとかけ
・白ワイン 200cc
・水 300cc
・ブーケガルニ 一束
・固形スープの素 1コ
・にんじん 2本
・タマネギ 好みの量
・ジャガイモ 好みの量
・バター 適量
・グリーンピース 好みの量

【作り方】
①にんにくはみじん切りにしておきます。
 羊肩肉は適当な大きさに切って、塩・胡椒をしておきます。
②厚手の鍋にオリーヴオイルを入れて熱し、羊肩肉を強火で焼き、表面全体に焼き色を付けます。
 余分な油は捨てます。
③ ②の鍋を中火にして薄力粉を振り入れて肉にからめます。
 そこにトマトピューレ、にんにくを加えて炒めます。
④ ③の鍋に、白ワイン、水、ブーケガルニ、固形スープの素を加え、一旦沸騰させます。沸騰したらアクを取り、弱火にして30分ほど煮ます。
⑤グリーンピースを除く野菜は適当な大きさに切り、フライパンにバターを熱し、野菜を中火で炒め、取り置いておきます。
⑥ ④の鍋に⑤の野菜を加え、20分ほど煮ます。
⑦ ⑥を塩・胡椒で味を調えて、グリーンピースを加えます。
---------------------------------------------------------------------
101123001

野菜はその季節の旬なものを使っていいと思います。
カブや小玉ねぎもお薦めです。
プロフィール

du__ub

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ