ドラマ

日本のいちばん長い夏

NHKが制作放送したドラマ「日本のいちばん長い夏」。

高度経済成長の気運に乗り、翌年には東京オリンピックを控えた昭和38年8月。当時文藝春秋の編集長だった半籐 一利さんが企画し、実施された終戦を語る座談会。内閣の役員、外務省官僚、陸・海軍将校、兵卒、沖縄に召集された従軍看護婦、監獄に収容されていた共産主義犯などなど28名による座談会の再現ドラマ。

再現と、半籐さんの述懐、各役を演じた出演者自身の終戦のエピソードなどが交差しながらの番組。

半籐さんがこの座談会を企画した背景には、ポツダム宣言受託に至るまでに何があったのかを知るためにインタビューをしても、語らない人、語っても誇張混じりの自慢話をする人が多く、昭和20年夏に何が起こっていたのか?を残したかったため、のようである。

ポツダム宣言が7月27日に送り付けられた時。
中枢は中立条約を結んでいたソビエトを仲介して終戦に持ち込むことを画策していた。そこに送りつけられた無条件降伏を迫る連合国の宣言。
これ以上の戦争継続は物資的に無理と判断しつつも、メディアや世論、さらには陸軍の論調を勘案するとなかなか内閣としても受託を公にし辛い。
そこで内閣の役員は新聞社にそれとなく聞いて欲しいと呼びかける。
変な出来芝居で行われたインタビュー。
時の鈴木首相はポツダム宣言を「重要視しない」と2度3度と受け応える。
取材した記者も世論などへの配慮からギリギリのニュアンスとして「黙殺」という言葉を見出しに使う。
それを英米の新聞は「reject(拒否)」と報道する。

今村 均 役として出演された富野 由悠季さんは
「何にも考えていない大人が戦争をしていたのか」とあきれた感想を述べたように、座談会のやり取りを見ると本当に情けない有り様。

また村上 兵衛 役を演じた市川 森一さんは、演ずるにあたり村上さんの著書「国破レテ」を読まれた感想として、
「当時も正しいことをいっている軍人もいた。
 どんな時代も正しいことを言う人は少数派。危ないのはメディアと大衆であるように思う。」と述べていた。

今の政権の短命さ、財政が危機的状態にありながら消費税増税を議論することが政権の命取りにさえなりかねない状態は、メディアの片言隻語な論調による影響も大きいのではないかと思う。

語りたくなかった当事者たち。
聞かぬうちに、あれよあれよと戦後の高度経済成長を謳歌できた次世代たち。
歴史の継承は戦後に大きなひとつの断裂があるのではないだろうか?

「何が起きていたのか?」
その事実をある一面からだけ観るのではなく、いろんな視点から同時に観る。この方法はバランスという、とても大切な要素を含んだ歴史認識が可能なのではないだろうか?

その意味において、戦争の証言ドキュメントよりも、実に意味深く、いろんなことを知ったドラマだったように思う。

刑事コロンボ

今は海外映画や海外ドラマもオリジナル音声での放送を観ることができますが、私が子どもの頃は今で言う吹き替え版が多かったように思います。

今は基本的に吹き替え版は苦手なのですが、逆に子どもの頃に観ていたものの中には本人の声よりも吹き替えの声優の声の方が耳に馴染みがあって、むしろ良かったりする人もいます。

ピーター・フォーク扮するコロンボ刑事もその一人。
あの独特の声で「うちのカミさんがねぇ・・・」ってセリフじゃないと逆に違和感があったりして (笑

その刑事コロンボのドラマが全編NHK hiで放送されるというから、ちょっとテンション上がります。

235805fb.jpg

早速、今日2話一気に放映されました。
1話目の演出がスピルバーグだったのにちょっと驚いたりしながら、懐かしく楽しみました。

ちりとてちん

この3月で終了したNHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」。

ドラマ史上初(という解説がありました)ネガティヴ思考の主人公が落語家の道に飛び込んで・・・。

もともとはヨメさんがはまってみていたのですが、落語好きの私もいつしか毎回楽しみに観るようになってました。
15分という時間も、毎日録って観るのにちょうど良いというのもありましたが、毎週6話を通してひとつの落語をベースにシナリオが書かれていて、その落語の世界をショートドラマで演じる部分も面白かったです。

この話は「落語」と「若狭塗り箸」という二つの伝統が主題に取り入れられています。

ドラマの中で、こんなシーンがありました。

「落語というものは噺家がずっと受け継いできたもんや。
 せやけどな、噺家だけではないねん。
 落語が好きで聞いてくれるお客さん。その人たちがいてくれるお陰で落語というものが受け継がれてきたんや。」
といったニュアンスのものです。

このシーンの時、私たちのカフェでのお客様との会話をふと思い出しました。
そのお客様も飲食業をされているのですが、このようなことをお話くださいました。
「「こういうお店を残したい」。そう思って大事にしてくれる人がいないと良いお店がどんどんなくなってしまうよねぇ。」

流行り廃りがあるのは仕方なく、廃れるものは時代のニーズにあわなく淘汰されたもの。
そんな意見もあるでしょうが、便利さ、合理性、安価、そういった時間のかかる丁寧さという価値をなるべく排したモノがもてはやされるという文化の一極化はどうか? と思う時があります。

無くなってしまってから気付いても遅い、ということもあります。

なんとなくですが、人間的な温かみ、丁寧な仕事によるモノが、ここ最近懐かしがられているように感じます。
流行り廃りといったファッション性ではない、普遍的な欲求があるのではないか?と。

そういうお店を提供できていたらいいな、と改めて思いました。
みなさんに知ってもらいたい良いドリンク食材を扱っていますし、みなさんに知ってもらいたい世界のドリンクの飲み方があります。
そういうモノを少しでも伝えていくことに関わっていられたら、そう思うのです。

功名が辻

新春からスタートしたNHKの大河ドラマ。
番宣を思わず見てしまって、興味惹かれて久しぶりに大河ドラマを観ました。

柄本 明さんの籐吉郎がいい感じですね。
脇役(この1作しかでないかもしれない)もしっかりとなかなかいい役者さんが務めていて。
舘 ひろしさんのガナリの迫力がもう少し欲しいなぁ?、と思うのは、信長公に対する私の勝手なイメージからなる無茶な欲求なのでしょうか?

これからの展開もですが、柄本さんの演技一つだけでも観ちゃいそうな感じです。 続きを読む

Full House -The First Season-

Full House -The First Season-
edaa7d79.jpg

NHKの教育番組で幾度となく放映された海外ドラマ「フルハウス」。
奥さんを亡くした父親と3人の娘、それに亡くなった奥さんの弟、そして父親の友人、合わせて6人が一つ屋根の下で織り成すホームドラマ。
1987年から1995年まで同じキャストでそのままドラマの年数とともにキャストも成長をしていく。

このドラマ。
幾度となく放映されているのだが、いっつも気付かぬ間に始まっていて第一話を見逃すことが多い・・・。

そんな不満を解消してくれるのがこのDVDボックス。
最初のワンクール22話が4枚のDVDに収められている。
この日本リージョン盤は嬉しいことに、日本語のセリフ・声優陣が音声選択で選べる。
なので、NHKで見慣れたセリフ、声で楽しむことができる。

「おいたん。」
「聞かれてないもん。」
などなど。

基本はコメディだけど、必ずどこかでハート・ウォームなシーンが入っている。
ステキなドラマです。 続きを読む
プロフィール

du__ub

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ